アンチエイジングについての考察を語るブログ

アンチエイジングの効果を高めるには体温調節が必須!!

アンチエイジングにとって冷えは悪影響しかない症状なので、治した方が良いのは間違いありません。

 

 

 

冷えは血流の悪さから起こるものですから、血流改善していくのは老化防止に重要ですし、輝く美肌を手に入れるならば冷えからの脱却は必須です。

 

冷えを根本的に改善するのは難しいですが、冷やさないという工夫は色々と出来ますし、体全体を暖める為に運動を取り入れるのは大切です。

 

 

 

適度な有酸素運動を継続して入浴やマッサージを行っていくと、血行促進に繋がりますし、体全体が温まるだけでも代謝や免疫力もつき、体温が35度台と36度台では病気になりやすさも変わりますから、血流を良くして体を温めるという事はアンチエイジング効果も高まり美肌を作ってくれます。

 

 

 

冷えの原因を知って遠ざける事も重要え、身近な冷えの原因としてストレスや睡眠不足があり、これらは交感神経が活発になり血管収縮させてしまいますから血行不良を招いてしまいます、他にも食事で言うと甘いモノを好む方は老化促進させている可能性が高く、タンパク質と糖が結合する糖化が進む事で肌がくすんだり固くなり弾力性も失っていく事にもなりますから、甘いものを避けるのは難しくても、量を減らしたり工夫していく事が大切になります。

 

 

 

若い頃は回復が早いですが、加齢と共に糖化のダメージは大きく、真皮という肌の奥にある部分のコラーゲンなどのタンパク質と糖が結合すれば老化物質が蓄積していく事になりますし、コラーゲンはハリ、弾力の元となっているのでそこが弱って行くと、たるみ、くすみ等の肌老化が進みますから、糖の取り方には気をつける方が良いです。